(最終更新日:2018-05-12 16:08:03)
  ナカノ ススム   Susumu Nakano
  中野 進
   所属   広島修道大学  人間環境学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
毎週金曜の昼休み(12:25-13:00)。その他の時間もあいていれば対応。
■ 現在の専門分野
●専門分野
昆虫生態学 
●キーワード
種分化、熱帯昆虫、植食性昆虫、マダラテントウ類 
●主な研究テーマ
1. 食植性テントウムシにおける種分化 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 1980/04~1986/03 北海道大学大学院 理学研究科 動物学専攻博士後期課程単位取得満期退学
2. 1987/09
(学位取得)
理学博士 第3265号
■ 所属学会
1. 1978/01~ The Society for the Study of Evolution
2. 1978/09~ 日本昆虫学会
3. 1979/01~ The American Society of Naturalist
4. 1980/07~ 日本生態学会
5. 1982/04~ 日本蜘蛛学会(旧:東亜クモ学会)
全件表示(13件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Phylogeny of Epilachna, Henosepilachna, and some minor genera of phytophagous ladybird beetles (Coleoptera: Coccinellidae: Epilachnini), with an analysis of ancestral biogeography and host-plant utilization (共著) 2014/12
2. 論文  Oviposition patterns of Asian phytophagous Ladybird beetles (Coleoptera,Coccinellidae,Epilachninae (共著) 2001/03
3. 論文  Survivorship and fertility schedules of a non-pest phytophagous lady beetle,Epilachna pytho (Coleoptera, Coccinellidae) under laboratory conditions (共著) 2001/03
4. 論文  Morphology and biology of a phytophagous ladybird beetle, Epilachna pusillanima (Coleoptera:Coccinellidae) newly recorded on Ishigaki Island, the Ryukyus. (共著) 1999/02
5. 論文  Effect of interspecific mating on female fitness in two closely related ladybirds (Henosepilachna) (単著) 1985/03
全件表示(6件)
■ 授業科目
1. 環境科学
2. 自然をみるb
3. 修大基礎講座
4. 総合教養講義a(生物多様性保全の環境問題)
5. 総合教養講義a(大気の環境問題と生態系)
全件表示(7件)
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
授業方針と授業計画はシラバスに明示したとおりに行い、授業目標も(最後までついてきた学生に関しては)達成させることができた。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
高校、中学の「理科」、「理科総合」、「科学と人間生活」の教科書の内容や図表を以前より多くプリントに取り入れ、出発点で「わからない」とあきらめないようにしている。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
全科目でアンケートを実施し、結果の比較等を行い、特に改善点に関する要求について最初のガイダンスで説明を行った。こちらに落ち度のある改善要望に関しては、できるだけ直すよう努力している。
●5.授業公開の実施及び授業公開の参観状況
実施せず、参観も行わなかった。
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
単位僅少学生に対しては面談を実施して、意見を聴取し、さらにこれからの取り組みの方向性を示した。
●8.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
自転車部の顧問として、8月の学生センター主催の会議に出席した。サークル代表からの、年間計画とメンバーに関する聞き取りをおこなった。