(最終更新日:2017-05-10 15:13:49)
  スズキ マサヒコ   Masahiko Suzuki
  鈴木 正彦
   所属   広島修道大学  法学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
研究室にいるときに随時。ただし、事前に連絡(受付等から)をしてください。
■ 現在の専門分野
●専門分野
会社法, 企業法 
●キーワード
営利組織(株式会社)と非営利組織(NPO法人)との比較・協働、CSR、NPO、企業活動と環境 
●主な研究テーマ
1. CSR(企業の社会的責任)の研究 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 会社法、CSR(企業の社会的責任)について共同研究・研究相談が可能です。特にCSRについては多面的に検討が可能ですので法律学のみならず、経営学、経済学、社会学など学際的な研究が求められるテーマであり、大変興味を持っています。 
■ 学歴
1. 1982/04~1986/03 亜細亜大学大学院 法学研究科 博士後期課程単位取得満期退学
■ 所属学会
1. 1988/07~ 日本私法学会
2. 2009/06~ 日本農業経済学会
3. 2009/10~ 日本農業経営学会
4. 日本NPO学会
5. 日本協同組合学会
■ 著書・論文歴
1. 論文  法人の社会貢献活動と定款所定の目的 (単著) 2016/09
2. 論文  会社の内部統制システムの整備と取締役の責任 (単著) 2010/02
3. 論文  企業結合と企業契約 (単著) 1997/03
4. 論文  「ドイツコンツェルン法 における支配契約と会社 の目的」 (単著) 1994/06
5. その他 信用協同組合の商人性が問われた事例 (単著) 2017/09
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2017/09/20 株主提案権の改正議論―海外の制度比較も含めて(株式事務研究会 9月例会)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. 企業取引法
全件表示(16件)
■ 社会における活動
1. 2018/03 (市民講座)「『会社法』から見たCSR,『社会』から見たCSR」
2. 2017/09 広島株式事務研究会での講演(9月20日)
3. 2016/09~ 授業「上場会社の法律問題」
■ 役職
1. 2018/04/01~2020/03/31 広島修道大学 法学研究科長
■ 教育に関する発表
1. 2017/09
株主提案権の改正議論―海外の制度比較も含めて
広島株式事務研究会
広島株式事務研究会 例会
単著・共著の別:単独
2. 2016/09
「企業法の近時の展開―不正競争防止法,特許法,景品表示法の改正の解説―」
広島株式事務研究会
広島株式事務研究会9月例会
単著・共著の別:単独
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2016/02
GOmissionー安佐南区から環境との調和を図れ!-
広島修道大学 鈴木正彦ゼミ
単著・共著の別:共同編集
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
小テスト及び期末試験と学習支援センターフリースペースでのオフィスアワーをリンクさせることで,質問者が相当数に上った。授業内容をどの程度把握しているかを知ることができたと共に,質問者の力もついたといえる。17年度の会社法の出席率は極めて高かった。内容的に興味が持てたからであろう。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
質問者が多くなるよう小テスト・期末試験とオフィスアワーをリンクさせた(例年そうしている)。 会社法は,それに対応する研究報告を行っている(企業者向け)ので,その成果を授業に反映できている。
●3.(1)国内学会、国際学会、研究会等における発表など
広島株式事務研究会において講演を行った。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
アンケートは毎年実施している。学生の声も授業に反映している。 アンケートの結果を一部でも学生に開示すべきであると考える。
●5.授業公開の実施及び授業公開の参観状況
授業参観は公開対象授業でなくとも教員の許可を得て参観している。授業参観は制度によらずとも授業に参観を認めている。その法が学生の集中度を高めることができる。
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
オフィスアワーを相当数開催し,学生の相談相手になっている。 かつて指導した学生がスカラシップ表彰対象生になっていることもあり,時間をかけた成果があったと考えている。
●8.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
自動車部の顧問である。随時声掛けをし,学生の声に耳を傾けている。 史跡踏歩会の部長(顧問)は2018年3月31日付けで辞した。