(最終更新日:2018-06-20 19:28:01)
  サカネ ヨシヒロ   Yoshihiro Sakane
  坂根 嘉弘
   所属   広島修道大学  商学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
木曜日16:30-18:30
■ 現在の専門分野
●専門分野
経済史 
●キーワード
日本経済史、近代日本史、日本農業史、軍港都市史 
●主な研究テーマ
1. 近代日本経済史の研究 
2. 軍港都市史研究 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. 近代日本経済史、軍港都市史、広島地域経済史、会社史、自治体史 
■ 学歴
1. 1981/04~1987/03 京都大学大学院 農学研究科 農林経済学専攻博士後期課程単位取得満期退学
2. 1989/07
(学位取得)
農学博士 第598号
■ 所属学会
1. 1979/04~ 日本史研究会
2. 1982/06~ 日本農業経済学会
3. 1994/04~ 社会経済史学会
4. 2013/01~ ∟ 理事
5. 1997/04~ 広島史学研究会
全件表示(9件)
■ 職歴
1. 1987/10~1994/03 鹿児島大学 法文学部経済学科 助教授
2. 1994/04~1998/03 広島大学 経済学部経済学科 助教授
3. 1998/04~2004/03 広島大学 経済学部経済学科 教授
4. 2004/04~2013/03 広島大学大学院 社会科学研究科社会経済システム専攻 教授
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2022/03  「noisyな経験財」のレモン市場問題:発展途上国の粗悪肥料問題を事例に 基盤研究(B) 
2. 2017/04~2021/03  近代日本における農業技術普及の実証研究 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C) (キーワード:経済史、農業技術、技術普及、近代日本)
3. 2016/04~2019/03  近世~近代における尾道・橋本家の研究-瀬戸内有力資産家と地域経済- 基盤研究(C) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  岩波講座日本経済の歴史5 現代1 (共著) 2018/01
2. 著書  岩波講座日本経済の歴史4 近代2 (共著) 2017/11
3. 著書  岩波講座日本経済の歴史3 近代1 (共著) 2017/09
4. 著書  軍港都市研究6 要港部編 (共著) 2016/06
5. 著書  地域のなかの軍隊8 基礎知識編 日本の軍隊を知る (共著) 2015/06
全件表示(25件)
■ 学会発表
1. 2017/11/12 日本の「家」と鹿児島地方における分割相続―旧薩摩藩領における世帯の継承―(日本村落研究学会第65回(2017年度)大会)
■ 受賞学術賞
1. 1984/04 農業史研究会賞(現、日本農業史学会賞)受賞(論文「小作調停法の歴史的意義」など)
2. 1991/08 日本農業経済学会賞(単著『戦間期農地政策史研究』)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. ビジネスエコノミー演習
全件表示(18件)
■ 委員会・協会等
1. 2016/04~ 尾道市史編集委員会 専門委員・近代部会長
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2010/05~ 日本の歴史 近世・近現代編 の執筆
■ メッセージ
知識をより多く獲得することは、多様な局面で自らをより自由にすることにつながります。もてる力を十二分に発揮してください。
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
シラバス通りに授業を実施した。成績評価はシラバスに明記した通り実施した。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
1、パワーポイントで写真、図表などを組み込み、学生の集中力、関心を高め、維持する工夫を行った。 2、ビデオの活用を試みた。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
学生の授業アンケートを講義の改善に役立てている。 商学科、商学部FDで「授業改善に向けて」を実施し、検討を加えた。
●5.授業公開の実施及び授業公開の参観状況
実施していない。
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
1、単位僅少者、留年学生については、すべて対応した。 2、希望者や必要者については、保証人とも面談を行った。 3、ゼミ生の学生生活、履修状況については、ゼミ生全員と面談し指導を行った。 4、4年生については、就職についての相談を行った。
●8.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
部長・顧問はしていない。