(最終更新日:2018-05-16 17:35:38)
  カク ハルキ   Kaku Haruki
  郭 春貴
   所属   広島修道大学  経済科学部
   職種   教授
■ オフィスアワー
水曜日1:00pmから3:00pm
■ 現在の専門分野
●専門分野
中国語学 
●キーワード
①中国語文法、②中国語教育、③中国語教授法、④誤用研究 
●主な研究テーマ
1. 中国語の誤用研究 
2. 中国語教授法 
●共同研究・研究相談が可能な内容
1. ①中国語文法②中国語教授法③国際交流④異文化コミュニケーション 
■ 学歴
1. 1984/04~1986/03 東京大学大学院 人文科学研究科 中国語中国文学専門課程第一種 博士課程単位取得満期退学
■ 所属学会
1. 1985/08~ 日本中国語学会
2. 1986/04~ 世界漢語教学学会
3. 1989/04~ 中国社会文化学会
4. 2002~ 中国語教育学会
5. 2002~ ∟ 全国代表理事
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  誤用から学ぶ中国語 続編2 (単著) 2017/01
2. 著書  誤用から学ぶ中国語 続編1 (単著) 2014/06
3. 著書  HSK基本語彙5-6級 (共著) 2013/05
4. 著書  アンコールまいにち中国語 楽しい会話入門 (単著) 2010/10
5. 著書  簡明中国語文法ポイント100 (共著) 2001/11
全件表示(11件)
■ 授業科目
1. ビジネス中国語Ⅰ
2. ビジネス中国語Ⅱ
3. 中国語Ⅲ
4. 中国語Ⅳ
■ 社会における活動
1. 2017/07 (講演会)第15期安佐南区民大学講座 「新しい時代の国際交流に何ができるか」
2. 2010/08~ (市民講座)「日中文化の同異」というテーマで公開講演をした。
3. 2010/04~ (市民講座)留学生の交流会「春の会」で2010年4月「中国語上達法」
■ 教育に関する発表
1. 2016/12
楽しく中国語を学ぶには?
福山大学孔子学院
中国語講師研修会
単著・共著の別:単独
2. 2014/07
从日本汉语教育反思对外汉语教育的问题
北京語言大学
第11回対外中国語国際学術学会
3. 2014/07
对外汉语教师的专业化和人性化
北京語言大学
全国对外汉语教师高级讲座
単著・共著の別:単独
4. 2013/06
1周2节课的2外汉语教学模式探讨--以修道大学为例
中国語教育学会
第11回全国大会 中央大学
単著・共著の別:単独
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2014/06
誤用から学ぶ中国語 続編1
白帝社
単著・共著の別:単著
2. 2017/01
誤用から学ぶ中国語 続編2
白帝社
単著・共著の別:単著
3. 2017/02
誤用から学ぶ中国語 続編2
白帝社
単著・共著の別:単著
4. 2017/04
やさしく楽しい中級中国語 中国語基礎知識12篇
白帝社
単著・共著の別:共著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
発音と会話を重視する方針を取りいれて、週2回の授業では、同じ教材で発音会話と文法語彙を別々に教え、連携がありながら、重点が異なる教育方法を実施している。目標は学習意欲をたかめることと、基本文法と発音をマスターすることである。成果は、後期の成績から判明した。また、全校の朗読作文大会で、学生の発音と作文力が昨年より上達し、会話力も高くなったことである。検定試験4級を受けた学生もほとんど合格した。留学に行く学生も多かった。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
1.学生に興味を持たせるために、毎回楽しく授業を工夫する。内容が単調にならないように、会話、発音、聞き取り、CD、映像を駆使している。学生の名前を早く覚えること。2.毎回、黒板にその日の授業内容と宿題を書くこと。3.発音と会話練習は個別の練習を多く取り入れたこと。毎回暗記発表の練習があること。4.文法の説明は簡潔に、例文を多く挙げながら、学生に自分で作文の練習をさせること。毎週作文の宿題をさせること。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
1.前後も後期も実施していた。 2.学生の評価は全てのクラスで最低4.6、最高は5点。 3.前後期の授業が始まった時に、必ず会議を開いて、中国語教員全員(非常勤も含む)のアンケートを互いに見て話し合う。さらにいい教授法について話し合う。
●5.授業公開の実施及び授業公開の参観状況
昨年全部の授業を公開しておりましたが、何人の教職員が見学に来てくださいました。高く評価されました。 選択してください
●6.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
1.毎週水曜日1:00から3:00にOffice hourを作って、学生に気軽に勉学の指導をしている。 2.「中国愛好会」と「心身統一合気道会」の顧問。活動を支援している。特に「中国愛好会」は月1回、学生と一緒に  勉強する。 3.留学生の生活、勉学、就職などの相談を受けている。
●8.学生の課外活動に対する支援(本学のサークルの部長・顧問としての活動)
1.「中国愛好会」と「心身統一合気道会」の顧問。活動を支援している。特に「中国愛好会」は月1回、学生と一緒に勉強する。 2.留学生の指導、支援をしております。 3.学生の生活と就職にも指導しております。