(最終更新日:2022-06-21 17:28:39)
  イナバ コウ   INABA Ko
  井奈波 晃
   所属   広島修道大学  商学部
   職種   准教授
■ オフィスアワー
火曜日18:00~19:30(メール等で事前連絡が望ましいです。)
■ 現在の専門分野
●専門分野
会計学 
●キーワード
売却時価 
●主な研究テーマ
1. 売却時価会計 
●共同研究・研究相談が可能な内容
■ 学歴
1. 2013/04~2015/03 中央大学大学院 商学研究科 商学専攻博士前期課程修了 修士(商学)
2. 2015/04~2021/03 中央大学大学院 商学研究科 商学専攻博士後期課程修了 博士(会計学)
■ 著書・論文歴
1. 著書  スタートアップ会計学(第3版) (共著) 2022/03
2. 著書  27業種別 簿記・会計の処理と表示 (共著) 2021/11
3. 論文  日本の大企業における運転資本管理と収益性の関係 (単著) 2022/01
4. 論文  売却時価会計の理論的背景に関する研究 (単著) 2021/03
5. 論文  売却時価会計の計算構造と表示形式の検討―スターリング会計理論を手掛かりに― (単著) 2021/02
全件表示(9件)
■ 学会発表
1. 2021/12/18 日本の大企業における運転資本管理と収益性の関係(会計学説研究会 第2回研究会)
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ゼミナールⅢ
4. ゼミナールⅣ
5. 経営学特講(制度会計論研究Ⅰ)
全件表示(18件)
■ 開発した教材、教科書、参考書
1. 2021/04
授業用資料
財務会計論Ⅰ・Ⅱ
単著・共著の別:単著
■ 改善への取り組み
前年度の点検・評価項目
●1.授業の方針や授業計画と実際の授業の内容及び授業目標の達成度
授業方針は,教科書の内容を問題演習を通じて習得させることである。 授業計画は,シラバスに記載した論点について,まず教科書を中心に解説を行い,続いて問題演習および解説を行うとい うものである。 実際の授業は,計画通りに進めることができ,シラバスの内容を一通り消化した。 試験の結果をみるに,学生はシラバスに記載した内容を概ね習得できているということができ,目標を達成したといえる。
●2.(1)教育内容・方法の工夫
同一内容に複数回触れる機会を設けることで,学生が授業内容を効率的に習得できるよう心掛けた。 具体的には,授業・問題演習・解説・課題・定期試験・学生同士の相互採点等を行った。 また,教科書の文章を丁寧に追うことで,取り扱う学問領域における正確な記述に触れることを心掛けた。 それにより,卒業研究・卒業論文等の授業で行う研究活動の土台となるような,正確な知識の習得を目標とした。
●4.学生による本学の授業評価アンケートの実施、分析、結果の活用状況
学生による授業評価アンケートを実施したところ,概ねよい評価であり,特に大きな問題は生じていないと思われる。 学生からの意見については真摯に受け止め,検討した上で授業改善に活用している。
●7.学生からの勉学(単位僅少学生への対応など)、生活、進路・就職などの相談への対応
授業内では質問フォームを設けており,授業内やメールで回答している。 資格取得に関する相談を受け,学生の状況を把握した上で,教員視点での助言を行った。 単位僅少学生と面談を行い,勉強方法や生活環境の改善等について提案を行った。